2015年01月22日

節目の年を迎え(5)

これまでは、カリスマ的経営者や、
超能力に近い天才や、
イカサマ占い師しか活用出来なかった
ビッグデーターが、

たどたどしく、指1本でキーボードを
叩く様な凡人にも、簡単に役に立つ資料作りが
出来るようになったのだ。

しかも!
昨年WindowsXPのサポート期間が終了して、
慌ててWindows7などを購入した人に朗報!

近々、公開されるWindows10は、
Windows7以降のユーザーに
無償提供するそうだ。

しかも!
使っているパソコンが壊れるまで、
使えるようにする・・と
マイクロソフト社は言っている。

これまで、何かといえばお金を取ることだけの
マイクロソフト社としては、大転換だけど、

アップルは最初から、OSのバージョンアップは
無償だから、やっと目覚めてくれた感が強い。

いずれにしても
この際、オフィスも最新版をインストールして、
ビッグとは言えなくても
中小のデーターを可視化して、
有効に活用出来るようにしよう!

posted by 加工屋ゴン蔵 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

節目の年を迎え(4)

ビッグデーターの活用こそ
古今東西のカリスマ的指導者の独壇場だった。

ほとんど、占いに近かった政治(まつりごと)も
卑弥呼などの、特殊能力を持つ者が牛耳った。

陰陽師や三国志の諸葛孔明、
軍師官兵衛なども、ビッグデーターの処理を
自分の頭で、瞬時に行っていたに違いない。

現代のアメリカでは、増え続ける犯罪に対応するため、
過去のすべての犯罪をデータベース化し
スーパーコンピュータで分析。

今日は、何処でどのような犯罪が起こりやすいか、
分析結果に基いて、
警官のパトール範囲を決めている州も有る。
それが、検挙数アップや犯罪抑止に効果を上げているそうだ。

日本の現役大学生が考えたビッグデーターの活用法は、
毎日の世界中のツイッターやブログなどの言葉、
数億件を分析して、特定の単語の数から
株価の上がり下がりを予測する、というもの。
実用化に向けて、開発が進んでいるらしい





posted by 加工屋ゴン蔵 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

節目の年を迎え(3)

そのビッグデーターの活用だが、
これまでは、大手企業や大政党しか
恩恵に浴することは出来なかった。

それが、ウインドウズ95以来
使い慣れた・・というより我々を使い慣らした、
マイクロソフト社が
「ビッグデーターの民主化」と言うふれ込みで、

使い慣れたエクセルを使って
簡単にデーターを可視化(グラフにしたり)
出来るようになった。

文字通り、誰でも必要なデーターを分析して
自分に合った加工をして使えるようになったのだ。

デモの画面も見たが、200万行のデータを
1秒以内でスクロールできたり、
地図上に動画的に表現したり

これまでは、「経済ナントカ・・」などの偉い先生しか
出来なかったことが、平社員やバイトにも出来る時代が
到来した。
posted by 加工屋ゴン蔵 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

節目の年を迎え(2)

我々が使っているコンピューターは、
この10年間で、値段は10億分の1
性能は10億倍以上になったそうだ。

今後も同じ進化をたどるので、
2030年頃には、値段は10万分の1
大きさは、現在のスマホが
血液細胞と同じくらいになるそうだ。

誰もが、総合病院の医師数人分の健康監視ロボットを
血液と一緒に体内に循環させ、病気になる人は激減する。

そして、経営の神様にしか出来なかった、
将来予測は、どんな分野であろうと
ビッグデータを、瞬時に分析して
誰でもほとんど間違いの無い
経営プランを立てることが可能になる。
posted by 加工屋ゴン蔵 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

節目の年を迎え(1)

新年を迎え、思うことを記録しておく。

このブログ(公開日記)を読んで下さっている皆様には、
本年が良い年に成ることを、お祈り致します。

昨年はお世辞にも、良い年だったとは言えない1年。
全国各地の災害だけでなく、
地元長野でも
戦後最悪の火山災害も発生。

人間の知恵や力では止められない災難は仕方ないとして・・
自分の判断ミスで大失敗を招くことだけは避けたい。

タイトルの「節目の年・・」は、
戦後70年とか
弊社が創立、半世紀を過ぎ51年目に入った。とか
社長が齢五十になるとか・・
過去からの年数の節目ではなく、

今年から十五年後は2030年になる節目のこと。
これを、しっかり書き残して置こうと思う。

posted by 加工屋ゴン蔵 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。