2015年03月22日

節目の年を迎え(6)

情報を制する者は世を制する。
日本では織田信長の時代から
戦術のイロハと言われている。

古今東西、情報戦で負けて、
最終的な勝利を得た・・などという話は無い。


2020年の五輪招致に積極的だった
あの猪瀬氏も、辞める前
ロンドンで記者会見を開いて
情報発信した。

曰く
「水は高いところから低い方に流れる。
 世界の情報は、ロンドンから世界に流れる」


つまり、情報戦という意味では
ロンドンが世界の1番上流だ・・と。

確かに情報の種類によっては
そうなのだろう。

猪瀬氏の作戦通り
五輪東京開催、決まったからね。

ところで、節目の年と言えば、
今年は放送開始90年。

様々な特集番組をやっている。

普段、NHKをボロクソに批判してる様な人も
NHKの番組に出てコメントしている。

田原総一朗氏
「テレビが詰まらなくなったのは、
 取るに足らない批判を恐れ過ぎて、
 新しいことに挑戦していない。」

また
「批判だけなら簡単、誰でも出来る。
 クリエートな発信こそ大事」

「安倍さんが元気なのは、
 全て◯◯をやるぞ!と云う発信だから」

「野党を始めマスコミは、それを受けて
 自公を批判するだけだから、勢いが出ない。」

情報を制するとは、
クリエイトな情報を先に発信することだよね。
posted by 加工屋ゴン蔵 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。