2009年12月14日

坂の上の雲

司馬遼太郎の小説 「坂の上の雲」 を
ある放送局が巨額の制作費をつぎ込んで
ドラマ化しました。

今年5回、来年末に数回、完結は再来年だとか・・

配役も主役級の大物役者を
ふんだんに使い
どうして?こんなに力を入れるのか・・

大河ドラマや朝の連続テレビ小説の不評を、
これで何とか挽回したいのか?

不思議な現象です。

例によって演出は、大したことはないけれど
音楽は素晴らしい!

久石譲の曲を、サラ・ブライトマンが歌うという
超豪華版です。

紅白歌合戦も霞んでしまう出来かも・・

http://www.youtube.com/watch?v=VQsD8fKsho4


*******************************
posted by 加工屋ゴン蔵 at 23:55| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凛子さんからここを教えて頂きました。
ご無沙汰いたしております。
楽しく拝読しておりましたが、話がサラ・ブライトマンに及んでは、コメントせずにはいられません。
「坂の上の雲」さっそく聴きました。
素晴らしいですね。
Time to sey〜を、紹介して頂いた頃を懐かしく思い出しています。

日本語辞書、さっそく使わせていただきます。(^_^)/
Posted by 莉蘭子 at 2009年12月16日 16:26
きゃ〜莉蘭子さ〜ん♪
ようこそ・・おこしやす^^って、私のブログじゃないけどねウフッ。

んま〜日本語辞書さすがでございます(^_^)/
私なんざ〜スンナリ出来ずやっとこ出来ましたよ〜ん。
「坂の上の雲」・・サラ・ブライトマンが・・?
いや〜ビックリでございます。
今度から絶対に見ます!
Posted by 凛子 at 2009年12月16日 23:51
あら〜凛子さんおひさしぶり〜♪
私のコメント、ちょっといくつか間違いが・・・・。

Time To Say Goodbye のSayがSeyになってました。
ごめんなさいませ。。。。

そして、日本語辞書、正しくは日本語入力ソフトですね。オバサンになってしまうと、いろんなことが正確に言えなくて。。。。

ところで、日本語入力ソフト、どうも顔文字には対応していないような。。。。
というわけで、顔文字は自分で辞書入力しないとだめなようです。。。。
ちょっと研究の余地ありというところですね。

これだからオバサンは困るのよね。。。。
Posted by 莉蘭子 at 2009年12月17日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

坂の上の雲 サラブライトマン ドラマ
Excerpt: 難しいモノを作ろう: 坂の上の雲 司馬遼太郎の小説 「坂の上の雲」 をある放送局が巨額の制作費をつぎ込んでドラマ化しました。 今年5回、来年末に数回、完結は再来年だとか・・ 配役も主役級の大物役者を..
Weblog: 坂の上の雲 最新情報
Tracked: 2009-12-18 15:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。