2010年12月11日

義理人情

何だかんだ言っても、日本人は任侠ものが好きだ。
国定忠治、清水の次郎長・・ほか
昔から芝居小屋の定番は、ヤクザものが多い。

暴力団追放!と叫びながら
その義理人情の世界を描いた物語には没頭する。

ヤクザを演じて大スターになった俳優も多数居る。

つまり、その世界以外の人々は
義理人情が浅い人が多いから・・
物語に魅力を感じるのではなかろうか?

「無縁社会」などという題の記事が
新聞や雑誌を賑わしている。

義理も人情も一般社会では死語に近い。

今日のニュースのトピックに
「山口組納会中止」
「小沢氏招致なら集団辞任も」とある。

どちらも親分が大変な時に
子分が浮かれていてはいけない・・という
集団の決意みたいなものを感じる。

何十年後かに、芝居小屋の演目になっているかも
知れない物語が、今、進行中だ。

********************************
posted by 加工屋ゴン蔵 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

山口組「納会」初の中止へ
Excerpt: 何が起こってるんだか [・・・/]警察がこれほどの動き見せたのは歴史上初めてのことなんじゃないか [?/]今までの経緯を見りゃ本気なのか疑わしいけどさ。まさか本気で潰しにかかってるとは思えんけど [疑..
Weblog: 時々時事爺
Tracked: 2010-12-11 23:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。