2012年09月27日

社長対談コーナー

社長対談コーナー
***第15回***


スワちゃん
ところで自民党の新総裁に安倍さんが決まりました。


ゴン社長
引退した横綱が返り咲いたようなもんだね。

スワちゃん
今度こそ、美しい国と、戦後体制からの脱却を
実現してくれるか見ものです。


ゴン社長
横綱と言えば、大相撲も日馬富士が横綱になり
ますます外国勢に占拠されているねえ! 

スワちゃん
言い換えれば、外国人を導入していなかったら、
日本相撲協会は、空中分解して消えていたかも知れません。


ゴン社長
そうだねえ!外国人のお陰で成り立っている部分も
日本には多いってことだ。

スワちゃん
七福神のエビスさん、書き方は恵比寿、夷、蛭子、戎、胡
といろいろ有りますが、いずれも異民族を指す言葉です。


ゴン社長
富を運んで来る福の神は外国人ってことだ。

スワちゃん
古来、日本は農耕で栄えた、農耕民族だと言われていますが、
今、流行りの言葉、地産地消では、富は生まれません。


ゴン社長
みんなで喰ったら終わりだもんねえ!

スワちゃん
実は日本は、有数の海運国家だったんです。
やはり、近隣国家や、国内の他県との交易を盛んにやった地域に
大富豪も誕生し、地域も栄えたんですよ。


ゴン社長
まあ今NHKでやっている平清盛や、信長や秀吉も
海外との交易に長けていた商売上手だったよね。

スワちゃん
海に浮かぶ厳島神社なんてのは、
完全に海洋国家であることをアピールするための象徴で
当時、交易船に乗って来た宋の舟人も魂消たと思います。


ゴン社長
文字通りエビスさんみたいな格好で来たんだろうねえ!

スワちゃん
清盛が公家とお付き合いが出来るようになったのも、
エビスさんが運んで来たお宝の数々と、豊富な外貨が有ったからです。


ゴン社長
日本からは何を輸出して稼いだんだろう?

スワちゃん
日本からの輸出品は、砂金や真珠、硫黄、杉や松などの木材、
工芸品や武具などでした。
特に硫黄は火薬の原料として、
国境紛争が絶えない宋にとっては貴重だったようです。


ゴン社長
なるほど!昔は中国の国境紛争を日本が助けていたんだ!
軍需産業みたいなもんだ!




posted by 加工屋ゴン蔵 at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 社長対談室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自民総裁に安倍さんが決まりましたが
あの投票もなんかヘンですよね。

過半数にいかなかった場合、上位2名の決戦投票と
言う事ですが・・
2回目が国会議員のみが投票って、つまり民意は反映されないんですよね?
いつまでたっても派閥から脱却できないのではないか?と
思ってしまいます。
Posted by 凛子 at 2012年09月29日 18:27
クイズ番組で、2時間ぐらい2点とか5点取って
接戦を演じて、最後の問題に正解したら100点って
言うようなものです。
まあ選挙やるだけでも、いいかも知れない。
Posted by ゴン蔵 at 2012年09月29日 21:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。