2013年04月20日

インターネット選挙運動

多くの日本人が

この国より遅れてはいない!と思っている
韓国より遅れてインタネット選挙運動の一部が解禁になった。

先進国で、禁止している国は無いので、
この面でも日本は後進国として仲間入り出来たわけだ。

その他の法律も
現代社会に適応していないものが多々ある。

さっさと改正していけばいい!と思うが、
民主主義は手続きが、非常にまどろっこしい・・・

例えば、サイバーテロを防ぐにしても、
海底ケーブルが陸に上がった、基地局で監視すれば、
技術的には、ほぼ対処出来るのだそうだ。

ところが、現行法では
通信の中味を見て止めたりすることは出来ない。

膨大なウィルス情報だと分かっても、
そのまま国内に流すしかない。

実に馬鹿げている。

通信が、電信や文書の時代の法律を使っているから
こういうことになる。

これは基地局で止められるように改正しようと
ほとんどの人が思うだろうが、

必ず、これに反対する人が出てきて、法律改正を妨害する、
または遅らせるのが民主主義の世の中だ。

国会議員の中にも
外国の国益のために活動している人が何人も居る。

日本がサイバーテロを受けにくい国になるのは
困る人も立法府に居るってことだ。

何で、そんな人が国会議員になれるのか?
民主主義というのは、実に厄介なシステムだ。


posted by 加工屋ゴン蔵 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。